東日本大震災

  • Check

韓国で天皇誕生日記念レセプション 本県復興の姿アピール ソウル県人会、パンフ配り地酒提供

会場で本県をPRした佐川会長(左)ら

 ソウル県人会は韓国のソウルで本県の現状や観光地を紹介した。
 グランドハイアットソウルホテルで3日に開かれた天皇誕生日記念レセプションの会場に県が出展したブースで実施した。
 県人会の佐川竜二会長(浅川町出身)ら会員3人と県派遣の職員の計4人が韓国語や英語による本県のパンフレットを配り、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興に向かう県内の現状や観光地を韓国語で説明した。特に県土の広さを強調し、県民が安全に暮らしている様子を紹介した。
 レセプションには韓国企業や各国駐在の代表ら約300人が訪れた。
 ブースでは、花春酒造の日本酒を振る舞い、好評だった。会津の民芸品「あかべこ」は来場者から「かわいい」と評判になっていた。
 佐川会長は「まだ原発事故のイメージを持っている韓国人はいるが、今後も県人会として福島の風評払拭(ふっしょく)に取り組んでいきたい」と話している。

本県ブースで日本酒の味を楽しむ参加者(右)

東日本大震災の最新記事

>> 一覧