東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

圧力容器の部品溶融か 事故発生当時、注水遅れ要因と東電 第一原発2号機

 東京電力は17日、福島第一原発事故の際、2号機で原子炉圧力容器内の蒸気を抜いて圧力を下げる「逃がし安全弁」と呼ばれる弁を作動させるための装置の部品が、高熱で溶けていた可能性があると発表した。「原子炉の圧力を下げる作業が難航し、注水が遅れた要因の一つ」との見解を示し、部品の劣化が事態を深刻化させた可能性を示唆した。

 原発事故の未確認・未解明事項の調査結果として明らかにした。東電によると、溶けた可能性があるのは、逃がし安全弁を作動させるために窒素ガスを送り込む「電磁弁」と呼ばれる装置のゴム製シール材。
 これまで弁が開かなかった理由は未解明とされていたが、東電は、電磁弁のシール材が溶けたことで窒素ガスが漏れ、逃がし安全弁が作動しなかった可能性があるとした。
 ゴム製シール材の耐熱温度は約170度だったが、検証の結果、高温だと短時間の使用にしか耐えられないことが判明したという。
 2号機では平成23年3月14日、事故発生直後から原子炉に注水を続けてきた冷却装置が停止した。消防車による代替注水を試みたが、原子炉圧力が高く水が入らなかった。
 東電は圧力容器の蒸気を抜くため仮設バッテリーを使って8個ある逃がし安全弁を開く操作をしたが難航。何度か操作するうち、弁が開いて注水が可能になった。

■蒸気、直接外部に放出? 3号機格納容器接合部溶け
 東電は福島第一原発3号機について、原子炉格納容器のふたのシール材が高熱で溶けて隙間ができ、放射性物質を含んだ蒸気が直接外部に放出されていた可能性が高いと発表した。3号機の格納容器は事故直後の3月14日夜以降、気密性を喪失し、周辺地域の汚染の大半が格納容器内の蒸気を放出するベントではなく、格納容器からの直接放出の影響と判断した。
 格納容器のふたの接合部に使われていたシリコーン製シール材の耐熱性が不十分で、高温蒸気の影響で溶けて隙間ができたのが原因とみられる。
 一方で3号機の状況が悪化した13~16日に東電が試みた計6回のベントのうち4回は、格納容器内の圧力や電源不足などの影響で十分な効果が得られなかったと結論付けた。
 ベント結果などから、第一原発周辺の土地を汚染した3号機由来の放射性物質の大半は、ベントではなく格納容器の隙間から放出されたと判断した。
 2号機でも原子炉建屋上部から蒸気が出ているのが確認されており、同様にシール材の溶融が起きていたとみている。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧