東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

放射性医薬品用いた医療 本県拠点化へ連携訴え 福医大シンポ

先端臨床研究センターが果たす役割や、今後の展望を語る織内教授

 福島医大ふくしま国際医療科学センターの第2回核医学治療国際シンポジウムは19日、金沢市で開かれ、本県を放射性医薬品を用いた医療の拠点とするため、企業や大学などに連携を呼び掛けた。
 センターの織内昇先端臨床研究センター教授は、甲状腺がんの治療などに使われる放射性医薬品による医療の病床が全国的に不足している点を指摘。福島医大内で薬剤合成から臨床試験、治験までが行える利点を生かし、企業や大学との共同事業を増やし、創薬研究の拠点化を進める考えを示した。
 さらに、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興を担う医療人材の育成に力を入れる方針をあらためて強調した。
 主催者を代表してあいさつした竹之下誠一先端臨床研究センター長は事業概要を紹介した。がんの診断や治療に用いる放射性同位元素(RI)を製造する装置「サイクロトロン」の整備状況も報告し、「福島の復興と国内の医療の発展に貢献していく」と述べた。
 シンポジウムは、治療の現状について共通認識を持ち、世界レベルの治療実現に向けた取り組みを議論しようと開催した。
 日本核医学会の協賛で、国内外の研究者をはじめ、医療機器メーカーの担当者ら約100人が参加し、研究成果など報告した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧