東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

ドローン運用で協定 福島市と市内企業 災害発生時に活用 県内初

川口社長からドローンの説明を受ける小林市長(右)

 福島市は24日、小型無人機(ドローン)の運用技術を持つ市内のMTS&プランニングと災害時協定を結んだ。市によると、民間企業と自治体間での非常時のドローン活用に関する協定締結は全国2例目で、県内の市町村で初めて。吾妻山の災害発生時などに活用が期待される。
 同社はドローンの販売や製作、操作指導などを事業の一つにしている。協定では、市が吾妻山の火山災害や山林火災、土砂崩れなどの際に同社に出動要請し、ドローンとオペレーターを迅速に現場に送ってもらう。
 市は今年度の防災訓練で同社のドローンとオペレーターの協力を受けて生中継映像による避難者捜索訓練などを実施し、実用性を確認していた。
 小林香市長は「災害時の正確な情報把握に効果を期待したい」、川口昇児社長は「今後もドローンを市民生活に役立てていきたい」と語った。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧