東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

平成30年5月開所方針 相馬市が整備 松川浦の海産物直売所

 東日本大震災の津波で損壊した相馬市松川浦の海産物直売所の代替施設として相馬市が再建する新施設は平成30年5月ごろのオープンを目指す。24日に市役所で開かれた市と相馬双葉漁協、JAそうま、観光関連団体、地元住民などによる第一回整備検討会で決めた。

 建設予定地として漁業施設が集中する同市尾浜の相馬双葉漁協相馬原釜魚市場内の県有地が妥当との意見で一致した。市は今後、この場所を軸に整備計画を進める。
 沿岸部の防災緑地などの事業が平成29年度の完了を予定しており、考慮しながら時期を決めた。国の復興交付金を活用する方針。市は公共建築物に和風デザインを採用しており、新施設も同様とする見込み。
 かつての施設は鮮魚直売センターとして相馬双葉漁協が整備、運営していた。新施設は魚介類の販売に加え、飲食機能を備え沿岸部への集客を図る「観光交流拠点」、農産物なども販売する「市民の台所」としての機能を併せ持つ施設とする。市が整備し適当な団体に運営を委託する。

カテゴリー:福島第一原発事故

新たな海産物直売所の建設候補地=相馬市尾浜

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧