東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

南相馬に拠点整備検討 東電復興本社代表

復興への協力を求める桜井市長と懇談する石崎代表(中央)と新妻副代表(左)

 東京電力の石崎芳行福島復興本社代表は6日、新年のあいさつで南相馬市役所を訪れ、同市に東電としての拠点整備を検討する考えを示した。復興策を市など地元関係者とともに話し合う協議会設置も検討する。
 同市の桜井勝延市長、平田武市議会議長らは原発事故から5年近く経過し、小高区などの避難解除に向け準備が進む段階で、復興への取り組みは人口増、産業育成など新たなステージに移っていると説明。「東電は地元と運命共同体であるべきだ。帰還した住民が自ら働いて対価を得られる仕組みづくりに一緒に取り組んでほしい」などとして、東電職員の居住拡大や、地元と東電などによる復興協議会の設置を求めた。
 福島復興本社の新妻常正、林孝之両副代表、岡田健治復興推進室長が一緒に訪れた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧