東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

大津波想定1800人訓練 いわき迅速な避難再確認

津波避難場所に歩いて避難する参加者=いわき市四倉町・海嶽寺付近

 いわき市津波避難訓練は16日、市内各地で繰り広げ、市民約1800人が迅速な避難の大切さを再確認した。
 「いわき市津波ハザードマップ暫定版(第2版)」の配布後、初の訓練。市内で震度6強を観測し、大津波警報が発表されたという想定で実施した。
 四倉地区では約740人が参加した。海嶽寺など地区ごとに設けた津波避難場所に歩いて避難した。四倉高や大浦小を避難所として開設し、防災講話を聞いた。
 市内四倉町の主婦富岡朋子さん(70)は東日本大震災の津波で自宅が床下浸水などの被害を受けた。「震災の恐怖は二度と体験したくない。万が一の際には、訓練の経験を生かした対応を心掛けたい」と話した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧