東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

Jヴィレッジ再開に弾み サッカー代表強化拠点に JFA理事会

現在は廃炉作業の拠点となっているJヴィレッジ。東京五輪に向けた選手強化拠点として活用されることになる

 日本サッカー協会(JFA)は平成31年4月に営業を全面再開するJヴィレッジ(楢葉・広野町)を、翌年に控える東京五輪に向けた男女日本代表の強化拠点とする。理事会で正式に決めた。さらに同五輪後、ワールドカップ(W杯)代表や各年代代表も活用する可能性が出てきた。県や県サッカー協会、地元は営業再開に向けて弾みがつくとともに復興を発信する好機と期待している。
 JFAによると、昨年末の理事会で東京五輪に関連してJヴィレッジを活用する意向を示していた大仁(だいに)邦弥会長が「各年代の代表がJヴィレッジと福島にお世話になってきた。原発事故前のように強化拠点として使おう」と提案。満場一致で東京五輪に関する強化合宿、トレーニングなど強化活動の中核施設として活用する考えに賛同した。
 大仁会長は内堀雅雄知事との会談などで国内誘致を目指す2023年女子W杯でJヴィレッジを使用したいとの考えを示している。JFAは東京五輪以降もJヴィレッジをW杯代表となる男子A代表や女子日本代表「なでしこジャパン」の強化拠点としての活用を視野に入れて検討を重ねる方針だ。
 東京五輪まで4年半以上あるが、営業再開に向けて全天候型サッカー練習場や宿泊施設が新たに整備されるなど施設全般が拡充されることを踏まえ、強化拠点として利活用する環境が整うと判断したとみられる。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧