東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

植物工場操業を停止 南相馬ソーラー・アグリパーク運営法人が撤退

運営者が撤退したソーラー・アグリパークの植物工場

 南相馬市原町区の南相馬ソーラー・アグリパークの植物工場を運営していた市内の農業法人が昨年12月末で同施設から撤退していたことが29日、分かった。市は新たな運営者を募っており、決定すれば4月から業務が再開される見通し。
 植物工場は東日本大震災後の農業復興を目指し、平成25年3月にオープンした。復興交付金約1億1500万円を活用し、市が建設した。無償貸与を受ける形で、市内の農業法人が運営していた。同パークの太陽光発電設備の電力を使い、ドーム型の建物内でサラダ菜、ホワイトセロリなどを水耕栽培し、大手スーパーに出荷していた。農業法人の役員によると、従業員の確保が困難になったことなどが撤退の理由という。
 市は2月12日まで次の運営者を公募している。市内の農業者が対象。問い合わせは市農政課 電話0244(24)5261へ。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧