東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

福医大、広島大、長崎大 放射線医学研究拠点に 文科省認定

 文部科学省は福島医大の「ふくしま国際医療科学センター」と広島、長崎両大の研究施設を全国の研究者が集い共同研究などを行う「放射線災害・医科学研究拠点」に認定した。各校は連携し、内部被ばくの診断・治療法、放射線防護剤の開発などを進める。認定期間は4月1日から6年間。
 認定されたのは、ふくしま国際医療科学センターの他、広島大原爆放射線医科学研究所と長崎大原爆後障害医療研究所。3大学が取り組む研究課題種目は下記の通りで、広島大が中核機関となる。3大学は2月1日から共同研究を担う人材を公募する。
 認定を受け、同17日に広島市で調印式と記者会見を行う。福島医大からは菊地臣一理事長兼学長が出席する。
 ふくしま国際医療科学センターは平成28年度内の全面稼働を目指している。

【福島原発事故対応プロジェクト課題】
・低線量・低線量率放射線の影響に関する研究
・内部被ばくの診断・治療法の開発
・放射線防護剤の開発研究
・放射線災害におけるリスクコミュニケーション の在り方などに関する研究
【重点プロジェクト課題】
・ゲノム損傷修復の分子機構に関する研究
・放射線発がん機構とがん治療開発に関する研究
・放射線災害医療開発の基礎的研究
・被ばく医療の改善に向けた再生医学的基礎研究
・放射線災害における健康影響と健康リスク評価 研究
・放射性同位元素(RI)の医療への応用

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧