東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

シイタケ原木のセシウム低減 県林業研究センターが装置を開発

 郡山市の県林業研究センターはシイタケ原木の表面を洗浄し、放射性物質を取り除くウェットブラスト処理装置を開発した。放射性セシウム濃度を約60%低減でき、生育に対する影響も確認されていないという。18日、郡山市の同センターで開かれた研究成果発表会で報告した。
 ウェットブラスト処理装置には道路除染などで使われている洗浄技術を応用した。水圧で原木の表面を削るため、平成26年3月から収穫量に影響が出ないか調査しているが、未処理の原木と違いは見られないという。センターは実用化を目指して今後も試験を続ける。
 竹林の落ち葉を除去することでタケノコの放射性セシウム濃度が低減したとする研究結果も報告された。
 研究成果発表会には林業関係者ら約100人が出席した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧