東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

災害経験語り合う 県内と伊豆大島の高校生 いわき

震災後のJRC活動などについて発表する高校生

 東日本大震災で被災した県内の高校生と、3年前に土砂災害に見舞われた東京都・伊豆大島の高校生は20日、いわき市内の復興状況を視察し、互いの経験を語り合った。
 福島成蹊、郡山北工など県高校青少年赤十字(JRC)に所属する学校の生徒10人と大島高の9人が参加した。市内の久之浜地区で漁港などを見て回り、市四倉方部赤十字奉仕団委員長の佐藤トミ子さん、市観光物産センター参事の大平三二彦さんから地域の復旧状況を聞いた。
 引き続き、市内のいわきゆったり館でワークショップを開いた。伊豆大島で撮影した写真について意見交換した後、県内の生徒が震災後のJRC活動などを発表した。
 大島高二年の沢田愛菜さん(17)は「お互いの経験を話し合えて良かった。交流を通して得た気付きを、今後の生活に生かしていきたい」と話した。
 日赤東京都支部の主催。防災・減災意識を高めるとともに、地域の魅力の再発見につなげようと企画した。6、7の両日には県内の生徒が伊豆大島で土砂災害の被災地などを訪問した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧