東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

復興願い請戸の田植踊 浪江の保存会

「請戸の田植踊」を披露する浪江町の子ども=福島市・北幹線第一仮設住宅

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で全町避難が続く浪江町の伝統芸能「請戸の田植踊」が21日、避難先の福島市・北幹線第一、笹谷東部両仮設住宅で披露された。町民は歌を口ずさみながら子どもらの踊りを楽しんだ。
 約300年の歴史があり、豊漁や豊作を祈る地元の「安波(あんば)祭」で奉納されてきた。踊りを継承する請戸芸能保存会が震災後も活動を続け、復興を願って仮設住宅などで披露している。
 この日は子どもから大人までの会員約20人が県内外の避難先から集まった。東京都町田市から駆け付けた踊り手で中学1年の佐々木玲音(れのん)君(12)は「踊りで町民の皆さんが笑顔になれるよう、これからも続けていく」と話した。
 保存会長の佐々木繁子さん(65)は「古里の誇りとして守り、後世に伝えていきたい」と語った。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧