東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

県民の健康データ集積 地域ごと課題マップ化

 県は平成28年度から県民の健康データベースの構築に着手する。集めたデータを基に各地域でどのような病気が多いかなどの課題を把握する。吉田議員の質問に内堀雅雄知事が答えた。
 県は市町村などと連携し、匿名化した県民のレセプト(診療報酬明細書)などの健康関連データの提供を受けデータベースを作る。福島医大の健康増進センターと協力してデータの分析や評価を行い、31年度までにデータを活用した政策立案などを目指す。データを活用し、方部ごとにマップも作る。方部ごとの疾病患者の割合などが分かるようにするなどし、県民の健康増進の機運を高める。
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故発生後、県内では25年度のメタボリックシンドローム該当者の割合が16.5%と全国で3番目に高いなど県民の健康指標が悪化している。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧