東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

いわき市災害公営住宅全1513戸 引き渡し完了

清水市長から鍵を受ける入居者代表の四家さん(右)

 東日本大震災の被災者向けに整備を進めていたいわき市の災害公営住宅全1513戸の引き渡しが29日、完了した。内郷砂子田団地で市内最後の竣工(しゅんこう)式と鍵引き渡し式が行われた。
 市は平成24年度から災害公営住宅の整備を進め、市内16カ所に建設した。震災の津波被害などを受けた市民約1500世帯が生活している。
 式には住民ら約100人が出席した。清水敏男市長が「新しい環境で安心して暮らせるようサポートしていきたい」とあいさつし、入居者代表の四家マリさん(23)に鍵を手渡した。
 内郷砂子田団地は市が内郷雇用促進住宅を買い取り、27年4月に改修工事に着手した。鉄筋コンクリート14階建ての2棟。3DKと2LDKタイプ合わせて250戸を整備した。総事業費は約22億円。集会所や駐車場も設置した。西棟では昨年10月から市民が生活しており、東棟で29日から入居が始まった。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧