東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

葛尾村に飲食店 原発事故後初の営業

原発事故後初めて葛尾村で飲食店の営業を始めた堀江さん夫婦

 東京電力福島第一原発事故に伴い全村避難している葛尾村で30日、飲食店「Cafe嵐が丘」が新規開店した。村内での飲食店の営業は原発事故後初めてで、村関係者は今春の帰村開始に向けて追い風になると期待している。
 開店させたのは堀江安則さん(66)、みどりさん(66)夫婦。東日本大震災前は神奈川県厚木市で暮らしていたが、安則さんが定年退職後の田舎暮らしを希望。豊かな自然が残る葛尾村の景色に魅了され、自宅兼店舗を建てた。みどりさんは平成23年2月に入居した。安則さんは同3月末に会社を退職し移り住む予定だったが、震災と原発事故が起き、2人は葛尾村民とともに三春町の貝山仮設住宅に身を寄せた。
 27年8月末に準備宿泊が始まると自宅兼店舗に戻り、開店準備を進めた。村が避難指示解除の目標とした時期になり、一足先に5年越しでの開店となった。安則さんは「県内外に葛尾の良さを広めたい」とほほ笑んだ。
 現在はコーヒーや紅茶など飲み物のみだが、4月中旬からはカレーライスやスパゲティなども提供する。営業日は水曜日から土曜日までの週4日。時間は午前11時半から午後5時まで。問い合わせは同店 電話0240(25)8922へ。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧