東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

「新地町の漁師たち」大賞 グリーンイメージ国際環境映像祭

カメラ片手に新地町の漁業者を追い続ける山田さん(右)。初監督作品が大賞に輝いた。左は小野さん=1日、新地町釣師浜漁港

 東日本大震災、東京電力福島第一原発事故後の新地町の漁業者の葛藤などを追った記録映画「新地町の漁師たち」が第3回グリーンイメージ国際環境映像祭で最高賞の大賞を受賞した。
 映像を通し、地球温暖化や生物多様性など環境を考える機会を広げようと実行委員会が主催している。今回は39の国と地域から175作品の応募があった。
 映像作家の山田徹さん(32)=東京都=の自主制作映画で初監督作品。山田さんは震災後、ボランティアで新地町を初めて訪れた。平成23年夏からカメラ片手に漁業者に密着した。釣師浜漁港の震災がれき撤去、原発事故で漁を自粛せざるを得なかった漁業者の苦しみ、東京電力による汚染水対策「地下水バイパス計画」の受け入れ是非をめぐる東電と漁業者のやりとりなどを3年半にわたって撮影。1時間35分の作品に仕上げた。
 映画に登場する同町の漁業者小野春雄さん(64)は「福島の漁業を知ってもらうきっかけになる」と期待した。山田さんは「新地の漁師に出会い撮影したいと思った。福島で起きていることを多くの人に知ってほしい」と話している。
   ◇  ◇
 完成を記念し16、17の両日、町保健センターで上映会を開く。参加無料。一般向け上映は16日は午後2時から。17日は午前10時と午後2時から。コウナゴの試食会も計画している。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧