東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

台湾から二本松に第一陣 残雪と桜堪能 観光復興期待広がる

雪が残る安達太良山の絶景を楽しむ台湾からの旅行客

 台湾からの観光誘客を目指す二本松市に19日、今年の台湾の団体旅行客第一陣が訪れた。約60人がロープウエーで安達太良山に登って絶景を堪能し、岳温泉で満開の桜を楽しんだ。今月下旬から来月にかけてはロープウエーに約360人分の予約が入っている。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故以降、海外からの観光客は大幅に減少しており、関係者は来客増に期待を寄せている。
 一行は台湾の自動車関係の団体。花見の時期に合わせて17日に来日し、茨城県や北塩原村の裏磐梯などを回って二本松市を訪問した。原発事故の影響に苦しむ本県を応援する気持ちもあって二本松市をコースに加えたという。
 参加者は眺めを楽しみながらロープウエーで登り、所々雪が残る薬師岳の散策路を歩いた。好天の下、広がる絶景に歓声を上げ、安達太良山頂をバックに記念撮影をしていた。参加者の1人は「素晴らしい景色」と満足した様子だった。
 岳温泉では桜坂や鏡が池公園を散策し、満開の桜を満喫した。
 新野洋市長は「二本松が起点となって県内全域に観光復興が広がってほしい」と期待を込めた。ロープウエーを運行する富士急安達太良観光の稲葉通彦社長は「台湾のセブン-イレブンでの二本松観光プロモーションビデオ放映の効果もあると思う。一層の誘客を進めたい」と話した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧