東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

6年ぶり、港に活気 相馬・松川浦アサリ漁再開

6年ぶりに相馬市松川浦での漁が再開され、水揚げされるアサリ

 東日本大震災、東京電力福島第一原発事故以降、自粛してきた相馬市松川浦でのアサリ漁が20日、再開した。6年ぶりの水揚げに港は活気づいた。
 相馬双葉漁協の漁師25人が10隻に分乗し、午前8時すぎに出港した。漁師は胴長靴を着用し、マンガと呼ばれる専用の道具を使って1回当たりの目標である計約300キロを水揚げした。
 この後、放射性物質検査が行われた。相馬双葉漁協によると、アサリから放射性物質は検出されなかったという。砂抜きし21日以降、市内を中心とするスーパーや飲食店などで販売、提供される。
 アサリは震災以降、国から出荷制限は指示されていない。ただ、放射性物質への懸念などを考慮し、同漁協は「試験操業」と位置付け、漁を再開させた。8月まで週1回操業する。
 松川浦は震災前、潮干狩りでにぎわった。ただ、潮干狩り場の復旧は進んでいないため、潮干狩り再開のめどは立っていない。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧