東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

5月以降に着手 指定廃棄物の管理型処分場準備工事 環境省示す

 環境省は東京電力福島第一原発事故に伴う県内の指定廃棄物を最終処理する管理型処分場の準備工事に5月以降着手する。22日、スケジュール案を郡山市の富岡町役場桑野分室で開かれた町議会全員協議会で示した。
 案では、民間会社と売買契約を結んだ町内の管理型処分場「フクシマエコテッククリーンセンター」について県から譲り受け許可を受ける。5月中に県や富岡、楢葉両町、地元行政区と安全協定を締結し、安全対策や搬入路の改修などの準備工事に入る。工事完了後に廃棄物の搬入を開始するとしている。
 議員からは「町内の行政区全体と安全協定を結んでほしい」「廃棄物搬入の際は通学路や商店街の走行を避けるべき」などの意見が出された。
 協議会終了後、会見した同省の鎌形浩史大臣官房廃棄物・リサイクル対策部長は「意見をしっかり受け止めて対応を考えていきたい」と述べた。
 早ければ平成29年4月の帰還開始を目指している富岡町は役場庁舎機能回復工事を28年度内に完了する。町議会全員協議会で宮本皓一町長が示した。雨漏りや結露による壁や天井の修繕、空調機器のフィルター交換などを29年1月までに終える予定。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧