東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

熊本に支援物資送る 相馬避難の浪江町民、震災の恩返し

支援物資を送り熊本の被災地の復興を願う小松会長(右から2人目)ら浪江町民

 東京電力福島第一原発事故により相馬市の大野台第8仮設住宅で避難生活を送る浪江町民は23日、熊本地震の被災地に水などの支援物資を送った。
 自治会は春と秋に「なみえ復興祭」を開いている。これまで開催した7回全てに熊本県宇城市の通信販売会社・大嶌(おおしま)屋がかんきつ類を提供し来場者に配ってきた。これまでの支援への恩返しとして水30箱(500ミリペットボトル24本入り)とコメ60キロを大嶌屋に発送した。水はNPO法人相馬はらがま朝市クラブが提供した。
 大嶌屋の社屋は幸い大きな被害は免れた。被災した従業員がいる中で社屋を避難所として開放し、炊き出しを行っている。大嶌法子社長(61)は「支援はとてもありがたい。福島に負けないよう頑張る」と誓っている。
 自治会は21日に紙おむつ、歯ブラシなどを送った。今後はカセットこんろを発送する。小松康二会長(52)は「福島は全国の支援で元気になった。できる限り力になりたい」と話している。
   ◇  ◇
 同社は被災者に配る生活用品などの支援物資を受け付けている。送り先は郵便番号869-0512、住所が熊本県宇城市松橋町古保山2715の19。問い合わせは同社 電話0964(53)9475へ。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧