東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

「全体的に温度低下」 第一原発凍土遮水壁 東電が見解

 東京電力は25日、福島第一原発の建屋への汚染水流入を抑制する「凍土遮水壁」について「全体的に温度が低下し始めている」との見解を示した。
 同日の原子力規制委員会の検討会に報告した。東電によると、凍結管の内外で地下水位差が広がっており、部分的に氷の壁ができつつあるという。
 凍土壁は1~4号機を取り囲むように埋めた配管に冷却材を循環させて地盤を凍らせ、建屋に入り込む地下水を遮って汚染水の増加を抑える。規制委は、凍土壁を一気に凍らせず、段階的に凍らせる運用で計画を認めた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧