東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

帰還への道探る 飯舘中「ふるさと学習」

学習内容の提案で意見を求める生徒(左)

 東京電力福島第一原発事故で福島市飯野町に移転した飯舘村の飯舘中は平成28年度、全校生徒88人が3チームに分かれて村の復興を考える「ふるさと学習」に取り組む。帰還に向けた課題と向き合い、古里の未来を描く。
 各チームの学習テーマはディベート、表現、物作り。ディベートは「中学校は村内に戻るべきか」などについて意見を出し合う。表現は映像や演技を通して村への思いを発信する。物作りはオブジェや本などの製作で地域活性化を後押しする。毎週木曜日の総合的学習の時間を活用し、12月に発表会を開く。
 27年度までの「ふるさと学習」は田植え踊りやみそ造りなど伝統文化の継承が主だった。加えて28年度は村の課題を自分たちの問題と位置付け、進路や将来設計を考えるきっかけとする。また、学年の垣根を越えた議論で復興への一体感を育む。
 28日に仮設校舎でオリエンテーションを行った。テーマごとに3年生の代表生徒が学習内容を提案し、他の生徒に参加を呼び掛けた。今後、生徒の希望を基に3チームに振り分ける。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧