東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

樹氷体験など採択 復興庁のモデル事業 外国人の誘客増へ

 復興庁は10日、東北の観光復興を目指し外国人を誘客するモデル事業13件を発表した。福島民報社が提案した樹氷体験プログラムなどが採択された。新たな旅行商品の開発や誘客増に向けた効果的な広報活動を展開するため、一件当たり3000万~4500万円を助成する。

 モデル事業の期間は来年3月末までで、2月には成果報告会を開く。
 福島民報社提案の樹氷体験プログラムは東北7新聞社協議会が取り組む。東北6県の樹氷観測地をツアーで巡り、外国人に冬の風物詩を楽しんでもらう。主にオーストラリアや中国、台湾からの誘客を想定している。
 この他、東北在住の留学生の目線を活用したツアー、祭りや花火を盛り込んだ個人旅行プランの販売事業などが採択された。高木毅復興相は閣議後の記者会見で「観光先進地となるよう、しっかり成果を出す。民間と力を合わせオールジャパンで取り組みたい」と語った。
 選定事業は次の通り。かっこ内は提案者。
 ▽冬の東北「樹氷 TOHOKU SNOW MONSTER」ブランドの商品展開(福島民報社)▽東北在住の留学生と作る「Go!Go!Tohoku!!」ブランド(仙台放送)▽インターナショナルスクールのための、日本の原体験修学旅行(オリコム)▽「東北と海外をつなぐ」着地型旅行商品流通モデル(ダイヤモンド・ビッグ社)▽東京のホステルからの欧米人バックパッカー送客(サンフロンティア不動産)▽「宿泊×自転車シェア」東北のグリーンサイクリング(NTTドコモ)▽東北路プロジェクト(アール・ピー・アイ)▽欧州サプライヤー事業者向け東北ツアー(ミキ・ツーリスト)▽スポーツイベントエントリーをセットにしたツアーの展開(東武トップツアーズ)▽鉄道PASSで途中下車観光(びゅうトラベルサービス)▽東北TOMODACHIプロジェクト-特別な体験でFITの聖地に-(近畿日本ツーリスト)▽タイ人向け個人型パッケージツアーの展開(エイチ・アイ・エス)▽「東北美人へ変身する旅」東北域内周遊型旅行創出事業(JTB東北)

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧