東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

森林の放射性セシウム 低地移行抑制で新技術

 日本原子力研究開発機構(JAEA)と茨城大、熊谷組の研究グループは10日、粘土質の素材や高分子化合物を用い、森林の放射性セシウムが低地に移行するのを抑える新技術を開発したと発表した。原料は無害でコストが安く、降雨など自然の力を利用するため、生態系への影響も少ないという。研究グループは研究を重ねて実用化を目指す。
 傾斜地の森林の腐葉土にセシウムを吸着する粘土質のベントナイト粉末をまき、植物のセシウム吸収を防ぐ。斜面の下側に高分子化合物「ポリイオンコンプレックス(PIC)」の溶液を散布する。ベントナイトは表面にマイナスの電荷を帯びる特性があり、溶液の電荷をプラスにして雨で流れ出るベントナイトを捕捉する。
 ベントナイトに吸着しなかったセシウムは水に溶けてプラスの電荷を帯びるため、電荷をマイナスにした溶液をさらに低い場所にまいて移動を抑制する。
 研究グループは昨年10月から飯舘村の森林約200平方メートルで新技術の実証実験を行ってきた。開始3カ月後に、斜面の上方から1メートル、2・5メートル、4メートルの3地点でベントナイトとPICを使った区域と使わなかった区域のセシウム濃度を調べた。使わなかった区域はセシウム濃度が2・5メートル地点で最大だったのに対し、使った区域は1メートル地点で最も大きくなり、セシウムがより上方にとどまる傾向を示した。
 ベントナイトは歯磨き粉や止水材、PICはアイスクリームの増粘剤やリンスなどに日常的に用いられ、安価で調達できるという。
 政府は3月に森林の除染範囲を「人が日常的に立ち入る里山」に広げた。研究グループは森林と里山の間や、里山と生活圏の間に新技術による「移行抑制エリア」を設けることを提唱しており、今後も実験を重ねる。茨城大工学部の熊沢紀之准教授(60)は「技術をさらに発展させ、里山を取り戻したい」と話している。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧