東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

政府が解除日伝達 葛尾6月12日 川内6月14日

 政府の原子力災害現地対策本部は19日、東京電力福島第一原発事故に伴う葛尾村の居住制限区域と避難指示解除準備区域を6月12日に、川内村の避難指示解除準備区域を6月14日にそれぞれ解除すると両村に正式に伝えた。解除されれば、居住制限区域の避難指示解除は葛尾村が初めてで、川内村の避難区域はなくなる。
 高木陽介本部長(経済産業副大臣)が県庁で、松本允秀葛尾村長と遠藤雄幸川内村長に政府方針を伝達。国や県、村、有識者らでつくる協議会を村ごとに発足させ、若者らの帰還につながるよう医療・介護体制の拡充や農林畜産業の再生などの工程表を作る考えを初めて示した。松本葛尾村長は「帰還困難区域の道筋についても速やかに示してほしい」と求め、遠藤川内村長は「復興の先にある急激な人口減少にどう対応するかも課題」と語った。
 葛尾村の両区域の人口は1日現在、418世帯1350人。川内村の避難指示解除準備区域の人口は1日現在、19世帯51人。
   ◇  ◇
 避難区域を巡っては、楢葉町で27年9月5日、川内村の一部で26年10月1日、田村市都路地区で26年4月1日にそれぞれ避難指示解除準備区域が解除された。楢葉は全町避難の自治体で初の解除だった。
 葛尾村、川内村のほか、政府は南相馬市の避難指示解除準備、居住制限の両区域を早ければ7月1日に解除する方針。飯舘村の避難指示解除準備、居住制限の両区域の解除時期についても6月末までに提示する考えだ。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧