東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

今秋にも初の特例宿泊 住民懇踏まえ国と協議へ 浪江町

 東京電力福島第一原発事故で全町避難している浪江町は今秋にも居住制限、避難指示解除準備両区域の住民を対象にした初の特例宿泊を実施する。7日、二本松市の町役場二本松事務所で開会した6月定例町議会で馬場有町長が方針を示した。
 馬場町長は本会議の行政報告で「特例宿泊制度の運用を検討できる下地が整いつつあると認識している。実際に泊まれるようになることは避難指示解除に向けた大きな一歩」と述べた。終了後、福島民報社の取材に「できれば秋口にも行いたい」とする考えを示した。8日、特例宿泊実施を見据え一時宿泊所の設置条例案を議会本会議に提出する。
 今月23日に始まる住民懇談会での意見を踏まえ国と協議し、正式な時期を決める。
 町は平成29年3月の居住制限、避難指示解除準備両区域の解除を目指している。町民からは「町内に泊まれないために片付けなどが進まない」と意見が出ているという。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧