東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

「帰還や復興に水差す」双葉郡首長ら 第一原発の「石棺」言及

 廃炉作業の選択肢に「石棺」方式を含めた原子力損害賠償・廃炉等支援機構の戦略プランに双葉郡の首長や県幹部からは「帰還や復興に水を差す」と反対する意見が相次いだ。
 第一原発が立地する大熊町の渡辺利綱町長は「原子炉の溶融燃料(燃料デブリ)を取り出し、安全を確保するのは帰還の前提だ。従来の手順にのっとり、県外に処分場を確保すべき」と否定的見解を示した。双葉町の伊沢史朗町長も「あらゆる技術を駆使しデブリを取り出すのが当然と考えている」と切り捨てた。
 避難指示が解除された町村は住民帰還への影響を懸念する。広野町の遠藤智町長は「帰還や復興に向けた努力に水を差す石棺という選択はあり得ず、言語道断」と反発、川内村の遠藤雄幸村長は「石棺化は問題先送りにすぎず根本的解決ではない」とデブリの取り出し技術を確立するよう求めた。
 双葉地方町村会長を務める浪江町の馬場有町長は「デブリの取り出し方法を研究している現時点の提案としては理解できない」と非難した。
 一方、楢葉町の松本幸英町長は「言及しただけで最終決定ではない」とした上で、「廃炉は安全性の確保が何より大事。われわれの願いは原発事故のような事態が二度と起きないことだ」と述べた。富岡町の宮本皓一町長は「国と協議した上で避難市町村にきちんと話してほしい」と詳細な説明を注文した。
 県は東京電力福島第一原発事故以前から、使用済み核燃料を原発構内から速やかに運び出すよう国に求めてきた。デブリも使用済み核燃料であることに変わりはなく、樵隆男県危機管理部長は「さまざまな処分方法を検討することは否定しないが、県はデブリを取り出した上で県外で最終処分するよう求める」と話し、石棺化は受け入れられないとの認識を示した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧