東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

貴重な経験復興に生かして ベラルーシ中高生派遣団帰国

保護者に「スパシーバ」とロシア語で感謝の言葉を贈る団員=JR郡山駅西口

 福島子どもの未来を考える会(郡山市)のベラルーシ派遣団は11日、帰国した。解団式を郡山市のJR郡山駅西口で行った。
 団長の長尾トモ子理事長があいさつし、団員代表の鈴木優斗さん(安積高御舘校2年)が「貴重な機会を与えてくれた会と親に感謝したい」と述べた。
 最後に団員全員で保護者にロシア語の「ありがとう」を意味する「スパシーバ」と声を合わせてあいさつした。
 派遣団は県内の中高生45人と引率者で構成した。1日に出発し、国立子ども教育保養施設などに滞在した。
 派遣団は福島民報社の「ふくしま復興特別大使」に委嘱された。福島民報郡山本社の三浦美紀記者が同行した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧