東日本大震災

  • Check

水面に映る供養の光 船引で灯籠流し・花火大会

先祖の供養や復興などを願って流した大型灯籠

 田村市船引町の名物行事「第67回灯籠流しと花火大会」は21日、船引町中心部を流れる大滝根川周辺で催された。先祖の供養や東日本大震災からの復興などの願いを込めた高さ約5メートルの大型灯籠などが水面を明るく照らした。
 船引町観光協会の主催、福島民報社などの後援。市内の企業や各種団体、市民、児童・生徒らが手作りした大小約3000基の灯籠が、船引小裏手から旧市役所までの川面を幻想的に彩った。夜空には色鮮やかな花火が上がり観衆は夏休み最後の週末を楽しんでいた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧