東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

「浪江展」始まる 避難の現状や町民作品紹介

手芸グループの作品を展示する山田さん

 東京電力福島第一原発事故で全町避難している浪江町の現状や町民の避難先での創作活動を紹介する展示会が2日、福島市の除染情報プラザで始まった。
 原発事故前の町の姿や、除染の進捗(しんちょく)状況、復興計画の概要などを写真やパネルで展示している。岳下住民センター仮設住宅(二本松)の手芸グループ「それいゆなみえ」による手作りの壁飾りや小物を展示している。一員の山田泰子さん(50)は「NPOや地域の皆さんにお世話になりながら震災翌年から続けています」と話した。
 福島環境再生事務所が県や避難市町村の協力で開催しており、飯舘村、富岡町に続いて3回目。開会式では除染情報プラザの小沢晴司館長らがあいさつし、馬場有町長が「展示を通して、避難から5年7カ月間の町と住民の歩みを感じてほしい」と述べた。
 展示期間は来年1月末まで。開館時間は午前10時~午後5時。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧