東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

加須(埼玉)と友好都市に 双葉町

締結書を交わす(右から)佐々木議長、伊沢町長、大橋市長、福島議長

 双葉町は3日、東京電力福島第一原発事故に伴い住民の一部が避難している埼玉県加須市と友好都市を締結した。末永く親善関係を築き、文化、スポーツ面で交流を図る。
 いわき市の八幡台やまたまやで締結式を行った。双葉町の伊沢史朗町長、佐々木清一町議会議長と、加須市の大橋良一市長、福島正夫市議会議長が締結書を交わした。伊沢町長は「支援への感謝の念を後世に引き継ぎ、絆を強めたい」と話し、大橋市長は「双葉町民が笑顔で町に戻るまで支援を続ける」とあいさつした。双葉町は双葉ダルマ、加須市はこいのぼりの置物をそれぞれ贈った。
 双葉町は震災発生翌月の平成23年4月から約2年3カ月間、加須市の旧県立騎西高に役場機能を置き、町民の多くが校舎内に設けた避難所で生活した。現在では約500人が市内で避難生活を送り、地域の催しに参加している。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧