東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

新庁舎で業務開始 川俣町

新庁舎で職務に当たる町職員

 川俣町は14日、東日本大震災で破損した町役場の解体後の跡地に再建した新庁舎の開庁式を行い、業務を開始した。
 開庁式には職員約100人が出席し、古川道郎町長が「気持ちを新たに復興推進と町の発展に努めたい」とあいさつした。古川町長、斎藤博美町議会議長らがテープカットで新庁舎の完成を祝った。職員は広々とした庁舎で気持ちを新たに仕事に励んだ。
 新庁舎は鉄筋コンクリートを建設現場で組み立てるプレキャスト・プレストレストコンクリート造りの3階建て。延べ床面積は約4300平方メートル。震度7の地震に耐えられる免震構造とし、太陽光パネルと自家発電設備を設けた。地域の防災拠点として期待されている。総事業費は約27億円。復興特別交付税約8億円などを活用した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧