東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

県産品の魅力発信 早大生が選んだ食材 8店舗で提供 東京

県産食材を使ったメニューをPRする学生

 早稲田大生が選んだ被災地の特産品を料理で提供する復興支援イベント「東北キッチン」は18日、東京都新宿区の早稲田大周辺の飲食店8店舗で始まった。会津身不知(みしらず)柿、サンシャイントマトなどを用いた料理を通し、県産農林水産物の魅力を発信している。
 生産者と首都圏の消費者をつなごうと昨年に続いて企画した。全国共済農業協同組合連合会(全共連)の寄付講座の一環で、受講する学生16人が会津若松市やいわき市などを訪問。生産者の声を聞きながら会津身不知柿、会津伝統野菜の立川ごぼう、コシヒカリ「会津春泥」、いわきネギ、サンシャイントマト、メヒカリなどの特産品を選んだ。
 早稲田大周辺の協力店舗は食材を「会津コシヒカリと立川ごぼうの炊き込みご飯」「メヒカリの唐揚げ」などとして提供している。会津若松市で活動した石沢一輝さん(3年)は「会津のおいしい食材を全国に広め、風評払拭(ふっしょく)につなげたい」と語った。
 初日は早稲田大でオープニングイベントが行われ、事業に協力した会津若松市の農家長谷川純一さんが復興に向けた思いなどを語った。
 イベントは25日まで。参加店は次の通り。
 森の風、カフェGOTO、かわうち、イル・デ・パン、磨ゐ土、凸凹キッチン、ホイッスルカフェ、カフェフロハン

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧