東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

凍土壁「しっかり凍っている」 経産副大臣が現場視察

凍土遮水壁の凍結状況を確認する高木副大臣(右)。左は増田最高責任者(代表撮影)

 経済産業省は21日、東京電力福島第一原発の原子炉建屋への地下水流入を抑える汚染水対策「凍土遮水壁」で、地面を掘削し、凍結状況を目視で確認する作業を報道陣に公開した。経産省は「しっかり凍っており、この状態なら水は通さない」との認識を示した一方、遮水効果について、具体的な公表時期などの明言は避けた。
 公開されたのは、空間放射線量が比較的低い4号機南側の一部。地中に埋め込まれた凍結管脇深さ約40センチでマイナス5・3~10・3度を計測した。断面はハンマーでたたくとカンカンと音が鳴る程度まで固まっており、一部は霜が付いていた。
 凍土遮水壁は3月末に凍結が始まり、同省や東電は当初1~2カ月程度で効果が表れるとしていた。しかし、凍結の遅れや豪雨の影響などで護岸付近の地下水のくみ上げ量を目標の1日70トンまで減らせていない。経産省の木野正登参事官は「凍結完了に全力を尽くし、効果も早急に公表したい」と述べた。
 政府の原子力災害現地対策本部長の高木陽介経産副大臣は同日、現場を視察し、東電福島第一廃炉推進カンパニーの増田尚宏最高責任者から説明を受けた。完全凍結した海側について「水位がしっかり下がるか注視していく」と強調した。
 凍土遮水壁は建設費に国費345億円が投入され、年間10億円の運用費用を東電が負担する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧