東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

サブドレンくみ上げ量増へ 年明け工事開始 第一原発東電示す

 東京電力は福島第一原発の建屋周辺の井戸「サブドレン」から地下水をくみ上げる量を増やす新たな汚染水対策工事を年明けに開始し、来年11月ごろまでに完了させる。25日に福島市で開いた県廃炉安全監視協議会で示した。
 計画では、大きさが小さい井戸15カ所で、くみ上げ量を増やすために入り口を広げる掘削工事を行う。完了した井戸から供用を開始する。周囲の空間放射線量が高く、これまで使われていなかった井戸3カ所は来年4月以降に復旧工事に入り、夏頃にくみ上げを始める。1号機の西側や3号機の北側と西側の地点で新しい井戸を設ける工事にも取り組む。くみ上げた汚染水は浄化処理後、海洋に放出する。
 原子力規制委員会は東電に「凍土遮水壁」と合わせて、サブドレンの機能強化を求めていた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧