東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

被災地の思い各国に発信 「世界津波の日」高校生サミット

高校生サミットで発表した菱沼さん(右)と斎藤さん

 「世界津波の日」制定を記念して高知県黒潮町で開かれている高校生サミットで、いわき市の磐城高天文地質部は26日、東日本大震災の津波をテーマにした研究成果などを発表した。県内から唯一参加し、被災地の思いを世界に発信した。

 菱沼美咲さんと斎藤遥香さん(いずれも2年)と顧問の菅家奈未教諭が臨んだ。菱沼さんと斎藤さんは「自然災害から生き抜くために、次世代を担う私たちができること」がテーマの分科会に参加。東日本大震災後に調査してきた津波ハザードマップの作成方法や減災効果などを発表した。22日早朝の地震に伴い県内に津波が到達したことにも触れた。
 3人はフィールドワークに参加し、江戸時代に黒潮町を襲った安政南海地震の惨状を記した石碑、黒潮町が整備を進めている津波避難タワーを見学した。避難訓練も体験した。
 菱沼さんは「世界各国の防災意識の違いなどを学ぶことができた。この経験を福島でも生かしたい」、斎藤さんは「日本は災害が多い国。世界の対策を学び、犠牲者を減らす取り組みにつなげる必要がある」と語った。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧