東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

相馬市を訪問し慰霊 アフリカ・レソト国王夫妻

佐藤副市長(右)から伝承鎮魂祈念館内の案内を受ける国王(右から2人目)と王妃(左隣)

 アフリカ南部にあるレソト王国のレツィエ3世国王は26日、相馬市を訪れた。市役所で内堀雅雄知事らと会談した国王は「今後も東日本大震災の被災者に気持ちを寄り添っていく」と述べ、協力を約束した。
 20日に初来日し、この日は夫人のマセナテ・モハト・セィーソ王妃とともに訪れた。会談で国王は「震災で県民や市民は大変な思いをしたが、復興に向け前に進んでいる。失われた命は戻らないが、復興に寄せる努力は犠牲者の鎮魂になり、今後の力になる」と述べた。内堀知事と立谷秀清市長が歓迎の言葉を述べた。
 続いて国王夫妻は市内の伝承鎮魂祈念館で慰霊碑に献花し犠牲者の霊を慰めた。佐藤憲男副市長から震災前後の写真などを掲示している館内の説明を受けた。松川浦環境公園では市民らと記念植樹をした。28日に帰国する。
 旧相馬中村藩主・相馬家第33当主相馬和胤(かずたね)氏の母の故相馬雪香さんが日本レソト王国友好協会の初代会長を務めていた縁から実現した。震災後、同国の首相らが相馬市を訪れ、被災者を激励している。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧