東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

「福島の今」海外発信考える 広野でパネルディスカッション

情報発信の在り方を考えたパネルディスカッション

 福島大うつくしまふくしま未来支援センターのパネルディスカッション「福島をいかに海外とつなぐか」は26日、広野町中央体育館で開かれ、海外に福島の現状を正しく伝える方策を考えた。被災地から復興の在り方を考える町などの国際フォーラムの一環。
 おもてなし福島通訳ガイドの会の朝倉久美子代表、川井範子さん、横田あゆみさんと、福島大経済経営学類のマクマイケル・ウイリアム助教らが、東京電力福島第一原発事故から5年8カ月余りが経過した現在も原発事故に関する誤った情報が流れている状況などを報告。福島への先入観を払拭(ふっしょく)するための情報発信の重要性を強調した。
 町内外から約70人が出席。県内の魅力発掘と情報発信などをテーマに、グループに分かれ意見を交わした。同大の講座ふくしま未来学の「ふくしまを知るスタディツアー」で町内を訪れた学生も参加した。
 フォーラムでは今夏、ベラルーシを訪れた浜通りの高校生も現地で学んだ成果を報告した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧