東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

渋谷に「までい」石碑 飯舘 復興の思い発信

飯舘村にちなんだ石碑を除幕した(左から)小松原理事長、菅野村長、今村復興相

 東京都渋谷区の渋谷公園通商店街振興組合は2日、東京電力福島第一原発事故の記憶の風化を防ごうと、全村避難している飯舘村が村づくりの目標とする「までいライフ」の文字を刻んだ石碑を公園通り沿いの花壇に設置した。若者や外国人観光客が多く集まる渋谷から村復興への思いを発信する。

 来年3月末に一部地域を除く避難指示が解除される村の新たな地域づくりを応援しようと、組合員の塚越栄光(ひでみつ)さん(41)らが計画した。石碑は縦、横とも50センチ。「丁寧に」「心を込めて」を意味する村のスローガン「までい」の文字とともに、ハートなどをデザインした。石は村産の御影石を用い、村内の石材業・三浦工業が作った。
 組合の小松原一雄理事長、菅野典雄村長、今村雅弘復興相が除幕し、花壇に相馬農高(南相馬市)の生徒が育てたシクラメンを植栽した。菅野村長は「渋谷の真ん中に飯舘村のシンボルが建つのはありがたい。しっかり復興を進めていく」と述べた。
 組合は福島民報社などが展開する「スマイルとうほくプロジェクト」の一環として平成24年から飯舘村や南相馬市の学校、福祉施設に花を贈るなど被災地支援に取り組んでいる。25年6月には渋谷の象徴「忠犬ハチ公」のオブジェを同村の特別養護老人ホーム「いいたてホーム」に寄贈した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧