東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

福島大が原発周辺環境調査 来年度からチェルノブイリで

ウクライナの現状などが報告された講演会

 福島大は平成29年度から5年間、ウクライナのチェルノブイリ原発周辺の環境調査を進めるプロジェクトに乗り出す。プロジェクト開始に先立ち、ウクライナ政府関係者を招いた講演会が6日、福島大で開かれた。
 プロジェクト名は「チェルノブイリ災害後の環境管理支援技術の確立」。東京電力福島第一原発事故に伴い国内で開発されたモニタリング技術などを活用し、チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域の環境回復を支援する。国際協力機構(JICA)などが開発途上国の課題解決のため毎年実施している「地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム」に条件付きで採択された。
 講演会には、ウクライナ政府関係者ら約30人が出席した。福島大環境放射能研究所の難波謙二所長があいさつ。ウクライナ国家戦略研究所のオレグ・ナスヴィットさんらがウクライナの現状を説明した。ナスヴィットさんは「森林内の放射性物質の動きなどはチェルノブイリでは研究されていない。プロジェクトを通し日本の研究成果をウクライナで生かしたい」と語った。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧