東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

放射線教育考え合う 山下副学長が講演

基調講演する山下副学長

 NPO法人放射線教育フォーラム主催の放射線教育に関する国際シンポジウムの一般公開セッション「放射線の健康影響と学校教育」は18日、郡山市の郡山商工会議所で催された。山下俊一長崎大副学長・福島医大副学長が基調講演し、県内の学校関係者が放射線教育の事例を発表した。
 山下氏は東京電力福島第一原発事故とチェルノブイリ原発事故で放出された放射線量は全く異なるとしながらも、住民に対する精神的、社会的、経済的な影響は同じとした。その上で、県民のストレス緩和に向けて「リスクコミュニケーションをしっかりやっていく。協力をお願いしたい」と呼び掛けた。

■県内の教員実践を報告

 阿部洋己富岡一中校長、佐々木清元郡山六中校長、原尚志福島高教諭は、廃炉作業員を講師に招いた授業や、生徒自身による自宅の放射線量調査など各校の放射線教育の取り組みを説明した。フォーラムや日本原子力学会の担当者は各組織の放射線教育の支援活動を紹介した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧