東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

30年4月開所方針 楢葉町が整備の交流館

ならは交流館の模型を基に議論する参加者

 楢葉町は町民らが交流する拠点として新たに整備する「ならは交流館(仮称)」について平成30年4月の開所を目指す。18日に町内のあおぞらこども園サロン「ふらっと」で開かれた会合で町が明らかにした。
 ならは交流館は町が復興拠点として位置付ける6号国道沿いのコンパクトタウン一角に整備する。来年2月に造成工事に入り、6月に着工する予定。30年3月末までに完成させる考え。
 計画案では、交流館は2階建てで延べ床面積は約900平方メートル。1階には交流室「みんなのリビング」、多目的室、町民ギャラリー、和室などを配置する。2階には町の概要や震災の状況、復興の歩みなどをPRする復興展示スペースを設ける。
 18日の会合は町主催の「ならは交流館お茶飲み会」で、交流館の計画案を町民と一緒にまとめようと10月から議論を続けてきた。この日は約30人が参加した。松本幸英町長があいさつした。交流館の模型を基にこれまでの議論の内容などを振り返った。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧