東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

飯舘のデータブック作製 福島で「考える会」

データブックを基に意見を交わす参加者

 一般社団法人の「いいたてネットワーク」(飯舘村)と「ブリッジ・フォー・フクシマ」(福島市)は飯舘村の「いいたてまでいな復興計画」の取り組みや帰還に向けた住民意向調査などの結果をグラフ化したデータブックを作製した。19日、福島市の椏久里珈琲でデータブックを活用した「飯舘村の未来を考える会」を開いた。
 村民が将来の生活や仕事を考えるきっかけにするとともに、復興に向けた効果的な施策の議論を進める土台にしようと、空間線量の推移や人口推計など村の課題を公的機関の調査などをもとに数値化。「飯舘村の未来を考えるためのデータブック」として77ページにまとめた。2000部を村役場や公民館などに置く予定。
 考える会には約10人が参加した。データブックをもとに「除染廃棄物の仮置き場数などもまとめてはどうか」「遊休農地にどれだけ作付けされるかが復興の指標になるのでは」などの声が挙がった。
 両団体は年明けにも村民を対象に考える会を開く。来年3月までに参加者の声をまとめ、村に提言として提出する予定。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧