世界へのメッセージ 震災から5年

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から丸5年を迎えるに当たり、福島民報社のメッセージを英語、中国語、韓国語に要約しました。「福島の今」とともに、新生ふくしまを目指す県民の力強い挑戦を世界に発信します。

 東日本大震災からきょうで丸5年となった。巨大地震と大津波、東京電力福島第一原発事故による複合災害は今も県民に厳しい闘いを強いている。一方で古里を取り戻し、新たな魅力をつくりだす力強い挑戦が広がっている。 食の安全・安心、産業の再生にかける県民の思いは確かな成果を生んでいる。 コメの放射性物質全袋検査で27年産米全てが基準値を下回った。欧州連合(EU)は県産野菜や果実などの輸入規制を解除した。魚介類の試験操業は対象魚種、海域が順調に拡大している。日本酒は国内外の鑑評会で最高ランクの評価を得ている。「福島産」は本物だ。世界で最も厳しいレベルの検査を経て出荷される。安全は折り紙付き、味は極上、品質も一流ー。世界ブランドとして堂々と売り込み、風評を払拭しよう。