東日本大震災

「廃炉先進地調査-政府 米国視察-」アーカイブ

研究機関の復興貢献学ぶ 放射性物質測定機器を見学

土壌中の放射性物質などを調べる研究室を視察する赤羽副大臣(右端)
【米国・ワシントン州で丹治隆記者】浜通りをロボット研究開発の最先端地域とする「福島・国際研究産業都市構想」の策定に向け、米国の廃炉・除染技術やロボット研究開発の取り組みなどを調査する赤羽一嘉経済産業副大臣を団長とした政府の視察団は17日(日本時間18...[記事全文

カテゴリー:廃炉先進地調査-政府 米国視察-

施策決定に住民参加 厳しい審査「企業の強みに」

ハンフォード・サイト周辺地域の住民や企業の代表者から話を聞いた意見交換会
【米国・ワシントン州で丹治隆記者】浜通りをロボット研究開発の最先端地域とする「福島・国際研究産業都市構想」の策定に向け、米国の廃炉・除染技術やロボット研究開発の取り組みなどを調査する赤羽一嘉経済産業副大臣を団長とした政府の視察団は16日(日本時間17...[記事全文

カテゴリー:廃炉先進地調査-政府 米国視察-

テキサスA&M大と連携へ 研究室、本県設置を視野

ロボットの実証試験などが行われているディザスターシティを視察する赤羽副大臣(右端)ら
【米国・テキサス州で丹治隆記者】浜通りをロボット研究開発の最先端地域とする「福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想」の策定に向け、政府はロボット研究開発で世界最先端の研究機関「テキサスA&M大」(テキサス州)と連携する。同州などを訪れ...[記事全文

カテゴリー:廃炉先進地調査-政府 米国視察-

1