東日本大震災

「廃炉先進地調査-浜通り再生へ」アーカイブ

核施設の除染進む 復興遂げる周辺地域

いわき市の面積を上回る広大なハンフォード・サイト。中央奥に、かつて高校だった建物が見える=米国ワシントン州
 「福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想」の策定に向けて政府の視察団が訪れた米国ワシントン州の核施設「ハンフォード・サイト」。16日、米エネルギー省は同行した記者に敷地内への立ち入りを許可した。日本の報道関係者としての取材は異例とい...[記事全文

カテゴリー:廃炉先進地調査-浜通り再生へ

井戸に吸着剤注入 第一原発で導入探る

アパタイト・バリアについて説明する協力企業の担当者。霧の向こうにはコロンビア川がある=米国ワシントン州ハンフォード・サイト
 浜通りの復興と産業振興に向けて政府が策定する「福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想」の実現には、東京電力福島第一原発の汚染水問題の早期解決が前提になる。避難者の帰還などに影響を与えるためだ。  福島第一原発では1日約400トンの地...[記事全文

カテゴリー:廃炉先進地調査-浜通り再生へ

産学連携拠点 人材育成・確保に力 研究成果、地域に還元

土壌中の放射性物質の動きを調べる研究室を訪れた視察団=PNNL
 浜通りの復興に向け世界最先端のロボット研究開発拠点などを整備する政府の「福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想」は、大学や企業の原子力関係の研究所を集積した産学連携拠点の形成を柱の一つに掲げる。国内外の英知を集め、東京電力福島第一原...[記事全文

カテゴリー:廃炉先進地調査-浜通り再生へ

企業、研究機関と連携鍵 実証試験場の整備必要

 政府は東京電力福島第一原発の廃炉作業に不可欠なロボット技術開発を浜通りの産業の柱に育てようと動きだした。ロボット産業の世界最先端地域を目指す「福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想」の全体像を6月までにまとめる。構想策定に先立ち、赤...[記事全文

カテゴリー:廃炉先進地調査-浜通り再生へ

1