東日本大震災

「原発大国の模索 県議会 米国視察」アーカイブ

県議会米国視察(5・おわり) 【TMI原発・施設内/外観】 廃炉・除染関係、エネルギー政策 視察成果、本県に生かす

TMI原発・施設内
 15日から21日まで米国を訪れた県議会議員海外行政調査団は、昭和54(1979)年に事故を起こしたスリーマイル(TMI)原発を視察した。2班に分かれ、廃炉・除染関係の取り組み、エネルギー政策を調べた。調査活動で訪れた施設の一部を写真で紹介する。(本...[記事全文

カテゴリー:原発大国の模索 県議会 米国視察

県議会米国視察(5・おわり) 【ハンフォード核施設】 廃炉・除染関係、エネルギー政策 視察成果、本県に生かす

ハンフォード核施設
 15日から21日まで米国を訪れた県議会議員海外行政調査団は、昭和54(1979)年に事故を起こしたスリーマイル(TMI)原発を視察した。2班に分かれ、廃炉・除染関係の取り組み、エネルギー政策を調べた。調査活動で訪れた施設の一部を写真で紹介する。(本...[記事全文

カテゴリー:原発大国の模索 県議会 米国視察

県議会米国視察(4) 【廃炉】 燃料取り出しに10年 作業高度な技術が必要

TMI原発の燃料取り出しの状況を語るブロッシ氏(右)
 昭和54(1979)年に事故を起こした米国ペンシルベニア州のスリーマイルアイランド(TMI)原発2号機では事故翌年から、溶けた燃料の取り出しに向けた作業が行われた。道具や技術の開発、現場での除去作業に時間がかかり、完了までに約10年を要した。  ...[記事全文

カテゴリー:原発大国の模索 県議会 米国視察

県議会米国視察(3) 【電力業界】 「多重構造」の安全策 「福島」の過酷事故教訓に

電力業界の対策を説明するチェツネヴィッチ氏。福島第一原発事故を受け、多重構造の緊急時対応策を整えている
 「福島の事故を受け、新たな電力用語が生まれた。『BDBEE』。原発設計レベルの範囲を超えた大災害を意味する」  米国ペンシルベニア州のスリーマイルアイランド(TMI)原発1号機を所有する「エクセロン」の幹部ビンス・チェツネヴィッチ氏は厳しい表情を浮...[記事全文

カテゴリー:原発大国の模索 県議会 米国視察

県議会米国視察(2) 【事業者】 信頼回復「険しい道」 情報開示やミス根絶重点

蒸気を噴き上げるTMI1号機の冷却塔。右後方に廃炉となった2号機が見える
 米国ペンシルベニア州のスリーマイルアイランド(TMI)原発は、州都ハリスバーグ市に近いサスケハナ川の中州に立つ。1号機の冷却塔からは蒸気が噴き上がり、機器類の作動する音が周辺に響く。一方、2号機周囲は静寂に包まれ、同じ敷地内で対照的な光景が広がる。...[記事全文

カテゴリー:原発大国の模索 県議会 米国視察

県議会米国視察(1) 【行政】 危機対応州が独自判断 原子炉内データ監視

ペンシルベニア州の対策を説明するジャナティ氏。スクリーンには原子炉の監視システムが映し出された
 米国では昭和54(1979)年のスリーマイルアイランド(TMI)原発事故を踏まえ過酷事故対策が見直された。さらに東京電力福島第一原発事故を教訓に、行政や電気事業者、電力業界も二度と大惨事を繰り返さないための模索が続く。長期間を要する廃炉作業、直面し...[記事全文

カテゴリー:原発大国の模索 県議会 米国視察

1