東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

富岡産米で餅つき いわきの災害公営住宅

富岡町で収穫したもち米を使って餅をつく参加者

 富岡町の農家でつくるふるさと生産組合は15日、双葉郡4町の町民が暮らすいわき市の災害公営住宅「下神白団地」で餅つき大会を開き、富岡町で収穫した平成28年産のもち米を使った餅を振る舞った。
 生産組合は富岡町内の避難指示解除準備区域の水田でコメの実証栽培に取り組み、26年からJAなどに出荷している。26年末にいわき市、27年末に郡山市の仮設住宅で開催した。
 公営住宅の富岡、大熊、双葉、浪江各町民と組合員ら約100人が参加した。昨秋に取れたもち米を参加者が交代でつき、あんこ餅や雑煮に仕上げた。町民は熱々の餅を味わいながら、交流を深めた。
 生産組合は昨年、約300アールの水田にコシヒカリやもち米を作付けし、約20トンを収穫した。渡辺康男組合長(66)は「実証栽培を継続し、作付面積も拡大していきたい。富岡町の一部で避難指示が解除されれば年末は町内で大会を開きたい」と語った。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧