東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

夜の森の桜並木 今春ライトアップ 「とみおかプラス」

新たなまちづくりへの意欲を示す大和田代表理事(前列中央右)ら役員

 富岡町のまちづくり会社「とみおかプラス」は今春、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後初めて町内夜の森地区の桜並木をライトアップする。政府は町内の居住制限、避難指示解除準備両区域を4月1日に解除する方針を示しており、幻想的な夜桜の風景を7年ぶりに復活させる。
 16日にいわき市で開いた同社の設立総会、理事会でライトアップ事業を盛り込んだ事業計画を決めた。夜の森地区は「桜のトンネル」として知られる。大半が帰還困難区域となっているため、居住制限区域にある富岡二中周辺の約300メートル区間を中心にライトアップする方向だ。
 事業計画には、まちづくりに参加する人材を募る「とみおかサポータークラブ」の運営、町の空き家・空き地バンクの運営支援も盛り込んだ。
 大和田剛代表理事(64)は「多くの人たちとのつながりを大切にし、町内に新たな魅力を一つ一つ積み上げていきたい」と抱負を述べた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧